Figure-rise ノンスケール

Figure-rise Standard 仮面ライダークウガ マイティフォーム レビュー

投稿日:

『こんな奴等のために!』

『これ以上、誰かの涙を見たくない!』

『皆に笑顔で、いて欲しいんです!』

『だから見てて下さい!』

『俺の!!変身っ!!!

スポンサーリンク

全体像

あのシーンいいよね・・・

Figure-rise Standardで発売された、『仮面ライダークウガ マイティフォーム』のレビューです。

個人的に、仮面ライダーシリーズのオールタイム・ベストな作品であるクウガがFigure-rise Standardで発売されるとあっては作らずにはいられませんでしたよえぇ。

パッケージイラストは第二話『変身』より、五代雄介が初めて戦う決意をして変身した場面から。たまらないね。

キット内容。クウガ本体とスタンド、マイティキックエフェクト、左右握手、左右平手、左右変身ポーズ手と右サムズアップが付属。

付属のシール。複眼の下に貼る反射用シール、アマダムのスイッチ(?)部分の色分けを再現する他、手首足首の赤を補うシールがあります。

レビューではシールを使用してないので、複眼が暗めになっていますがご了承下さい。

仮面ライダークウガ・マイティフォーム。 邪悪なるものあらば 希望の霊石を身につけ 炎の如く 邪悪を打ち倒す戦士あり 。

色分けは良好、プロポーションに関しては、ちょっと首が短いかな~っていうのと、ヒザ下のボリュームが足りないかなとは思いますが、まぁここは個人の好みでしょう。

ちなみに首は若干引き出すことが可能なので、飾っておく分にはあまり困らなかったりします(画像は奥まで差し込んだ状態)。

目立つ合わせ目は頭部、スネ横、脇腹にあります。肩にもありますがゴールドのパーツが大半を隠してくれるのであんまり気になりません。

バストアップ。複眼にはモールドもちゃんとあります。各部にあるリント文字もしっかり彫り込んで再現されています。

角や襟部分のゴールドは多分エキストラフィニッシュパーツ。非常に美しい色合いのパーツで雰囲気十分。ただ、どうしてもゲート跡が目立ってしまいますね。ここはアンダーゲートにして欲しかったなぁ。

アマダムはクリアーパーツで再現されていますが、ハメ殺しっぽい感じがしたのでレビューでは取り付けていません。あしからず。

可動範囲

首には胴体側、頭部側の2箇所に可動部分があります。

胸部・腹部間にも可動がありますので、首の可動と併せ見上げ、見下ろしが可能です。

肩は90°まで上がる他、引き出し式関節で前方にスイング可能。武器を持たせるときに便利そうです。出るよね・・・?

肘の可動は若干狭めかな。

股関節の可動は十二分に広いです。股間軸も可動するため左右だけでなく前後も大きく動きます。足首の接地性も高く、つま先も可動。下半身の可動に関しては非の打ち所がありません。最近の磐梯山のキットって股関節可動が広いのばっかな気がする・・・

膝も正座できそうなくらいは動きます。

スポンサーリンク

アクション

変身!

変身ポーズ用手首があるので、変身シークエンスの他マイティキック予備動作を再現できます。もう変身してるやんというツッコミは無しで。

マイティフォームのパンチで印象強いのって、ジャラジ戦なんですよね・・・

というか、全体通してもジャラジ戦は強烈なインパクトがありますが・・・

キックの画像は奇跡的に自立した時のものです。

あの腰を落とすポーズ難しくない・・・?

うぉりゃーー!!

マイティキックエフェクトには、封印エネルギーの印が入っています。

総評

以上、フィギュアライズスタンダード、仮面ライダークウガ・マイティフォームのレビューでした。

プロポーションに関しては好みの問題があるかもしれませんが、可動や色分けは十分。各パーツの形状も劇中に忠実、角のシャープさもあって特に顔は凄い出来だと感じました。

ランナーを見ても、上半身のアーマーは一つのランナーにまとめられてたり、スネだけランナースイッチで分けられていたりと、今後の展開に大いに期待が持てる内容でした。

アルティメットだけはほぼ新規でしょうけど。

徒手空拳のフォームのため組み立ても本体だけで済みますので、ゆったりと作って、悲しみのない未来まで連れて行ってもらいましょう。(?)

-Figure-rise, ノンスケール

Copyright© 意識低い系モデリング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.