1/144 30MM

30MINUTES MISSIONS スピナティオ  レビュー

投稿日:

30MMシリーズよりリリースされた「スピナティオ(戦国仕様)」。

第三勢力の機体で、思いっきり和風に振ったデザインがイカス。

今回はアーマーもセットということで、とりあえずサクッと組んでみました。

スポンサーリンク

キット内容

キット内容。

スピナティオ本体と各種アーマー、左右平手、角度付きの右手首が付属。

武装は太刀とライフル。

今回はナンバー等のシールはありませんでした。

また、初回生産分として、ジョイント類の付いたランナーがオマケで付属してました。

スピナティオ本体。

これまでの機体とは一線を画すスマートさが特徴。

見るからに高機動紙装甲です。

バストアップ。

頭部がシリーズ恒例の前後張り合わせですが、モールドとして誤魔化されて処理されています。

特に合わせ目らしい合わせ目はありませんね。

バイザーはクリアーグリーン成形です。

バイザー下にはちゃんとメカニカルモールドがあります。

・・・なんか怖くね?

可動範囲

見上げも見下ろしも上々の可動。

胸部・腹部のパーツはボールジョイント接続です。

アーマーが無い上に頭部も小さいため、バカみたいに肩が上がります。

引き出し関節等は無いですが、胸板が薄いため前後可動も出来ます。

下半身の可動は相変わらず優秀。股関節の可動ももちろんあります。

接地も当シリーズらしく見事。

また今回はこれまでのアルトやポルタと比べ、つま先をある程度伸ばすことも可能です。

なんかワンピースにこんなポーズの奴いなかったっけ?(もう何年も読んでない人)

スポンサーリンク

付属品

付属の手首。左右の平手と角度付きの右持ち手。

こういうのがデフォで付いてくるのはありがたい。

手甲パーツは左右1つしか無いけどな!

素体に武装させた状態。

ライフルは左右貼り合わせですが、いつもの段落ちで合わせ目が目立たないタイプ。

火縄銃のようなディティールが特徴。

平手があるので、両手で構えることも楽勝。

スピナティオの特徴である太刀。

角度付き持ち手のおかげで、振り切ったり突いたりが出来ます。

刃先はバンダイのHG相当ということでまるっとしています。

マウントパーツで腰に刺したり出来ますが、腰との接続がCジョイントの為、角度固定なのがもにょる。

塗装もハゲそう。

カッコいいな・・・

マウントパーツは3mm軸もあるので、背中に刺したりライフルもくっつけたりすることが可能。

なんか俺のキット軸がユルユルなんだけど?

アーマー

続いてはアーマー装着。

まずは肩関節ボールを組み替え、肩軸の長い関節にします。最初何が違うかよう分からんかったぞ。

あとは各部の穴にパチパチはめ込んでいけば、アーマー装着状態の完成。立派な侍になりました。

仮面と肩アーマーで大きくシルエットが変わりますが、スマートな印象はそのまま。

アシンメトリーの肩アーマーがイカス。左右入れ替えも可能。

バストアップ。

成型色がかなり黒に近いダークグレーなので分り辛いですが、目に当たる部分などはバイザーが見えるよう抜けています。

干渉部分が増えるので流石に肩が上がる方向は狭まりますが、それでも広い可動範囲は大体そのまま維持しています。

強そう。(小並感)

アルト君と比較。

身長は頭一個分スピナティオの方が高いです。

こいつ触るとアルトが大分マッシブに思えてくる・・・。

総評

以上、「30MM スピナティオ」のレビューでした。

これまでの機械然とした機体と違い、なんか人っぽいというか、有機的な感じを受けました。第三勢力であるという設定に説得力を持たせる、良いデザインだと思います。流石海老ちゃん。

関節とか互換性あるけど。

あと他の奴らより強そう。

まぁこの勢力は、次の忍者の後に控える女の子型が本命だけどな!!

-1/144, 30MM

Copyright© 意識低い系モデリング , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.