1/144 HGUC

HGUCイフリート 制作②

投稿日:

連休明けはまとまって仕事が来やがる・・・休日くれ。

調子が悪かったエアブラシはニードルパッキンの清掃で治りました。グンゼ産業の刻印が今日も輝いているぜ。

今回は牛歩の如く進めているイフリートの改修です。

レビュー

製作記①

スポンサーリンク

前腕合わせ目消し

前腕部の後ハメは可動に絡むため諦め、まずは関節部グレーを塗ってしまいます。NAZCAメカサフを使いました。

乾燥したら前腕部を組んで関節をマスキング、合わせ目消しを行います。間違っても関節に流れないよう慎重に。(流し込み使わなければいいのでは?)

全身刺抜き

トゲが無いほうがカッコいいと思ったので、トゲの接続部分を処理していきます。旧ザクではない。

肩アーマー3本の内、小トゲは2mmプラ棒で、大きいトゲの穴はエポパテで埋めています。ついでに胴体側に曖昧なモールドがあったので掘っておきました。塗装後にディティールアップパーツでも貼ってこうと思います。

前腕装甲のトゲ接続部も埋めます。1mmプラ板を使ってます。こちらは右腕の装甲にする予定です。

スポンサーリンク

武装類

ヒートソードの刃はシャープに削り込み。待機状態の方は先端にプラ板を貼って、発熱状態の方は削り込みのみで。柔らか素材の為えらい苦戦しました。

デザインナイフで薄~く削ぎ、その後240番ペーパーでガリガリ削りました。鉄ヤスリよりもペーパーの方が削りやすかったです。

イフリート改の前腕装甲が余っていたので、オリジンザクよろしくバルカン内蔵式に改造。と言っても真鍮パイプを入れただけのお手軽改造。こちらは左前腕に配置する予定。

スクラッチしていたヒートランスはこんな感じに。パイプパーツは1mmパイプスプリングにしたいと思います。

この後は表面処理後、サフチェックして塗装していきたいと思います。

-1/144, HGUC

Copyright© 意識低い系モデリング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.