ゲーム 雑記

ゼノブレイド3 アイオニオン放浪中

投稿日:

ゼノブレ3が止まりません。

ダイレクトでの事前知識しか得ないようにしてプレイ開始したんですが、マジで止められんぞ。

発売から1週間程経ちましたが、プレイ時間は40時間を優に超え、レベルも50オーバーに。

でもメインストーリーはまだ4話入ったところ。

メインの敵が手応えゼロになってもうた・・・でも寄り道やめらんねぇ!

ノーマルでやってんですが、もうイージーにしてサクサク進めていこうかな・・・。

とりあえず第一話までのプレイ日記をば。

ネタバレ注意な!!

スポンサーリンク

プロローグから地獄

最初のシーンからコロニー9を彷彿とさせる雰囲気の街でテンションが上がる。

そして大穴が空くインヴィディア。やめてぇ!!

小僧との思い出を奪わないでくれ!

インヴィディアが大地とくっついてるってことは、やっぱ2のエンディング後の世界なのか・・?

互いの命を糧とする、血で血を洗う世界。

酷い世界だろ、ここは。

しかも兵士たちの寿命は10年。

どうも10歳でこの世に生まれ、20歳でこの世から去る模様。

完全に使い捨ての道具。

酷い世界だろ、ここは!

そんな地獄の戦場を走る今作の主人公、ノア。

虚空からいきなりモナドみたいな剣を出して驚く、と思ったら、この武器(ブレイド)の出し方はこの世界のデフォ能力だった。形状はユニークだけど。

「ゆっくりと死に向かっている」というが、私にはフルスロットルで向かっているようにしか見えない。

ちなみにこのノア君、かなり落ち着いたキャラとなっております。

「ここだぁぁぁぁぁぁぁ!!!」とか「ダブルスピンエーーーッジ!!!」とか間違っても言いません。

悲しい。

クドい程出てくるチュートリアル関連に笑う。

まぁ2は若干説明不足感あったしな・・・ブレイドコンボの見方とか。

今回はなんと見直しもできるぞ。

ノアの他にヒーラーのユーニ、タンクのランツ、後「誰だお前!?」となったムンバさん。

ユーニとランツはPVでメインキャラとして扱われていたが、このムンバさんは見なかったよな・・・

なんか最初からアクセ装備しているし、モブ顔だし、嫌な予感しかしないんですが。

操作できるようになった最初のフィールドから当然のようにいる高レベルエネミー。

正にゼノブレイドって感じでタマラナイ。

オープニングからここだけでめっちゃ楽しい。

酷い世界

「おくりびと」という要職に就いている主人公ノア。

彼は戦死した兵士を敵味方問わず、奏でる笛の音色で成仏(?)させることが出来ます。

この行動によって、その兵士が所属しているコロニーとの友好度が上がっていく仕様。

つまりこの世界、フィールドのそこかしこに死体が転がっています。

酷い世界以下略。

戦場から所属するコロニー9(!?)に帰還したノア一行。

なんかやたら風呂入れと言われるので屋根の上の宝箱を取ってから入ることに。

おっ!?

サービスシーンの時間だァァァ!!

は?

リアルで舌打ちしました、マジで。

いや、こっちの方がサービスシーンになるっていう方も一杯いるであろうことは解っt

ファッ!?

今回の戦闘でどちらが武功をあげたか口論するユーニとランツ。

風呂場で、素っ裸で、立ち上がって喧嘩してます。

DVDでは湯気が消えます。すいません嘘です。

10年使い捨ての駒に、性欲や生殖行動は不要ということか・・・

普通ならサービスでしかない風呂シーンなのに、何でこんな重い気分にさせられにゃいかんのか。

スポンサーリンク

俺たちのムンバさん

朝っぱらからサイレンが鳴るコロニー9。

どうやら敵軍とは違う、第3勢力と思わしき反応が現れたので調査してこいと。

何なら破壊してもいいらしい。穏やかじゃないですね。

装備の調整で寝不足のランツ君がちょっとカワイソウ。

ここでアクセサリーが開放。

HPアップというどう考えてもタンク用のアクセサリーを、DPSであるノアに装備させるというクエスト。

もちろん完了後にランツに渡します。

ここで試してみたのですが、ムンバさんはアクセサリーの変更が出来ませんでした。

おぉ、もう・・・

道中で入る敵の種類説明。

今作は敵の種類が増えてます。

ノーマルの他、ドロップアイテムが良いラッキー、青い枠が名前にあるエリート、そしてお馴染み名を冠する者たるユニーク。

ラッキーは名前的に希少っぽいですが、割とそこら中にいるぞ。

今作から名を冠する者の墓にスキップトラベル出来るようになっており、地味に便利。

同レベル帯なら積極的に喧嘩を売っていきましょう。

道すがら、いきなり「ムンバさんが後ちょっとで成人式」であることを話し始める一行。

10年戦い抜き、女王の前で成人式を迎え、天に帰ることが彼らの最高の栄誉だそうですが、このタイミングでその話は・・・

今どき見ないレベルで、高層ビルが如く死亡フラグを建てていくムンバさん。

爆笑してしまいました。

これで実はレギュラーキャラで、更にエンディングまで生き残ったら伝説になれるぞ。

尚この後ノア達のパーティから外れ、先行部隊として偵察に当たる模様。

ムンバさんの明日はどっちだ?

ウロボロスカッコいい

途中、誰もいないのに煌々と薪が燃えている休憩ポイントの説明。火は消せよ。

クリーニングという謎項目がありますが、このゲーム長く旅しているとどんどん服が汚れていく謎にリアルな仕様があり、その汚れを落とすというものです。これいる?

作戦ポイントに着くと、敵であるアグヌス軍も既に展開を始めている模様。

通信が不可能な状況で先行しちゃったムンバさん。

もうここまで来たら期待しかない。

果たしてムンバさんは無事なのか!?

謎の反応は、なんと光学迷彩付きの船でした。

ちなみにこの船、変形機能を有しています。

な~んかどっかで見たことあるような気が・・・

墜落した船から出てきて防戦中の男。

おや、この声、この風貌は・・・

はい、今作のヴァンダムさんですね。

彼らの武器がエーテル系ではなく、実弾なのも第3勢力感が出てて良き。

どうやらウロボロスストーンなる謎の物体を積んでおり、それを守っている模様。

一方目標に肉薄したノアチームは、3人のアグヌス兵と会敵していた。

っていうかメインキャラたちの初邂逅が起こっていた。

アグヌスのおくりびとミオ、粘着質野郎タイオン、カグツチを彷彿とさせるのに貧乳気味のセナ初登場。

っていうかやっぱミオってニアそっくりですね。

しかも瞳の色が近いので、レックスがやらかしたのではと思ったのはここだけの話。

よくよく考えたら、レックスはそんなチンケな男では無いのにな。

戦闘中、ノアの剣がおかしいことに気付くミオ。

モナドや聖杯の剣の様に、人知を超えた何かがあると思っていましたこの時は。

何やねんラッキーセブンて・・・いや、一応あれも人知を超えてはいるのか・・・?

若者達がもう引けない所まで来てしまっていることを嘆き、戦いを止めようとする今作のヴァンダムさん。ヴァンダムさんは例外なく漢である。

この戦争は裏で暗躍する存在がいると、そしてその存在を知っていると話すが・・・

凶弾に倒れるヴァンダムさん。退場早すぎない?と思ったのは私だけではないハズ。

姿を見せる今作の敵、メビウス。

見ただけで「あ、コイツ悪だ」とわかる秀逸なデザイン。

てかお前、何を持って・・・

コロニー9の誇りことムンバさん、華麗にフラグ回収して散る。

悲しいシーンのハズなんだがな・・・

もうこの事件で、「ゼノブレ3の好きなキャラは」と聞かれたら、私は即答でムンバと答えるようになってしまった。

ムンバさんの弔い合戦、といきたいですが、さすがに強いメビウス。

死んでなかったヴァンダムさんが船を変形させて挑むも簡単にあしらわれ、ノア達だけでなくミオ達も立ち向かいますが、歯が立たず。

漢ヴァンダム、最後の力を振り絞りウロボロスストーンを起動。

入れ替わってる~~~~~!?

ノアとミオがインタリンク(合体みたいなもの)し、ウロボロス爆誕。マンメンミとか言わないので安心してほしい。

いやもうホントカッコいい。

完全にヴェルトール。

タマラナイですねこういうの。

最後に白くなってトゲトゲの翼が生えたりして欲しい。

ウロボロスの力で撃退するも、空にマークを写してノア達を「世界の敵」としてしまう謎の怪物。

今だから解りますが、この時って結構ギリギリの戦いしてたんですね・・・

60年生きたこと、人とは本来そういうものであること、機神の大剣の麓にあるシティーの存在を伝え、漢ヴァンダム散る。2より退場が早いとは思わなかった。

ノアとミオに送られ、天に帰るヴァンダムさん。初めての共同作gy・・・何でも無いです。

ノアチームとミオチームは結局相容れず、各々のコロニーに帰ることに。

まぁこの先の展開は予想できますが。何せ世界の敵だし。

失楽園

案の定、味方であったはずの兵士たちから撃たれ逃げる6人。

結局ヴァンダムさんと別れた場所で合流、シティを目指す旅がここから始まります。

唐突に始まった自己紹介。

ここのしょげるモンドが可愛い。

ボロボロになった装備を変えることに。ヴァンダムさんが運んでいた物資の中から、使えそうなのを躊躇いなく掻っ払う。それにしても良いSiriである。

面白かったのがこのシーン。

風呂入っている時は何ともなかったのに、男性陣急に恥ずかしくなった模様。乙女かな?

ウロボロス(蛇)が原因で羞恥心に目覚める=人間に近づく、という。

コレなんて失楽園?

ここで第一話が終了。

いやぁ、初っ端から魅せてくれるゲームだぜ。

感想

というわけで模型が作れない言い訳でした。(え

こりゃ最低限ストーリークリアするまでは止まれませんね。

っていうかゼノブレ1の四天王みたいのがいたら更に時間ががが。

今回どうしてもムンバさんのことが書きたくてこの記事作りましたが、続きはどうするか未定。

じゃまたアイオニオンに行ってきます。

ナワバリさんチーッス・・・

名前が違う!?

-ゲーム, 雑記

Copyright© 意識低い系モデリング , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.