ゲーム 雑記

ポケモン剣盾プレイ日記4  ワイルドエリア到達編

投稿日:

師走って、どうしてこう余裕がないものなのか?

あ、皆様ガラルビギニングお疲れさまでした。結果は満足できるものでしたか?

ちなみに私はせっかく厳選したのに疲れ果てていたせいで1戦しかできなかったです。一応デビュー戦は勝利で飾ることができましたが。

プレイ日記(備忘録)も4回目となります。いつ終わるんだこれ?

ネタバレ意!!

スポンサーリンク

初のトレーナー戦

前回太っ腹のチャンプからボールを恵んで貰い、新たなポケモンと出会いながら一路博士の家を目指すナリマサ君。その道すがら・・・

なんかいる・・・

まさか短パン小僧なのかあれ・・・

デスヨネー!

というわけで、剣盾初のトレーナー戦!

なんか石鹸の香りがしてそうな短パン小僧が勝負を挑んできました。 俺の知ってる短パン小僧と違う・・・

一部のお姉さま方を虜にしてそう。

あと極一部のお兄さんも。

そのエレガントな見た目からは想像もできないような名前は何とかならなかったのか?源さんて・・・

とりあえず蹴散らして先へ進みます。

むっ!?

スパイダー感覚に感知あり!

ミニスカートは安定してるな!

君をゲットさせてくれないかい?

短パン小僧はもう一人いたのですが、なんかパワプロの矢部君みたいなの出してきて笑う。

そんなこんなで、やっと博士とご対面。

今回の博士はBB・・・大分ベテランの方なのですね。

どうやら専門はダイマックスの模様。そんな博士からチャンプから2人を推薦したらどうかと提案が。ホップはともかく、ついさっき出会ったナリマサ君をいきなり押すあたり、とりあえず観察眼は確かなようだな!(偉そう)

まぁ予想はしてましたが、推薦するに相応しい戦いを見せろとのこと。

しょうがねぇ、見せてやるよチャンプ。(偉そう)

勝負の前にお孫さんの部屋を物色させていただきます。

・・・ほう、黒か。

推薦状と願い星

博士も見守る中、ホップとの2度目の戦いが始まります。

オレを満たせ!

すげぇ言葉使うな。なんか3代目メイジン・カワグチみたいだ。

というわけでホップ戦です。

なんか偉そうなこと言ってますが、まぁ新戦力のお披露目にはもってこいですな。

さぁ行け、ロック!

羽休めで受けつつ、さっき覚えた技で爪を研いでからの~・・・

つ け あ が る !

つけあがる(悪・物理):自分の能力が上がっているほど威力が上がる。

余裕でタテるロック君。上々のデビューだ。(ちなみに威力100で殴った)

正直スマンかった。

あ、くれるの?

というわけで無事推薦状ゲット。どうやらチャンプはあの一方的な試合でも満たされたようです。

馬鹿か?

(一部ベイスターズファンにか通じないネタ)

親方、空から隕石が!!

というわけで、突如空からダイマックスに必要な「願い星」が都合よく2つ落ちてきました。

天も我の覇道を望んでおるわ。

一歩間違えば死人が出そうな展開が少々気になりますが、なにはともあれこれでダイマックスが使えるぞ!

ただ、このままでは使えないということで、博士が使えるように加工してくれるそうですありがたや。請求書はそこのマント野郎にお願いします。

スポンサーリンク

ワイルドエリアに立つ

戦いから一夜明け、博士が作ってくれた『ダイマックスバンド』を受け取るナリマサ。一晩で2個作れるあたり、マスターグレードよりは簡単そうです。

博士宅より、エンジンシティを目指しブラッシータウン駅へ向かいます。その道すがら・・・

!?

なんか変わり果てたジグザグマに出会いました。これが原種なのか・・・

お前、ロックな奴だったんだな・・・

駅ではオカンからキャンプセットなるものを貰いました。テント一式とカレー鍋、各種皿にスプーン他と意外とてんこ盛りセットです。よくここまで持ってこれたな。

予想以上に近代的な電車で驚く。

目的地のエンジンシティの周りはワイルドエリアというフィールドが広がっているようです。プチオープンワールドみたいな感じですな。

このまま目的地まで・・・と思っていたら羊が線路横断中のため停車。

折角なのでワイルドエリアを歩いてエンジンシティに向かうことに。

ぶら~り途中下車の旅。

改札横のお姉ちゃんからピカチュウを貰う。レッツゴーのデータが有ると貰える模様。

この尻尾は♀ですな。後で判明しますが、この子なんと6Vです。オスが良かった。

どうやら特別なダイマックスも備えている模様です。一度もしてないケド。

さぁ、ワイルドエリアの探検開始だ!!

次回予告

ワイルドエリアで予想以上の道草を貪るナリマサ。

完全に忘れてた目的を思い出し、いざナックルシティでの開会式に臨む。

いよいよ始まるジムチャレンジ、姿を表すガラルのジムリーダーたち。

果たしてナリマサとホップは彼らを超えることが出来るのか!?

次回に続く!!

-ゲーム, 雑記

Copyright© 意識低い系モデリング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.