1/144 RG

RGゴッドガンダム 簡単仕上げで作製

投稿日:

最近プライベートタイムがほぼゼノブレ3一色なんですが、RGゴッドは発売日に『買えるかな~?』と淡い期待を抱きつつ、開店時間に近場の模型店に行ってみました。

アホみたいに積んであって笑いました。

地方でもこの状況、今回相当生産したんだな磐梯山・・・。

アイオニオンが待っているので(え、サッサと完成させます。

スポンサーリンク

組んでみた

軽~くレビュー。

キット内容は本体、日輪、ゴッドスラッシュ2本に、握り手、平手、手刀。

メタリックオレンジ成形でゴッドフィンガー用の右手と、石破天驚拳用の両平手が付属しています。

日輪は3色のPET成形パーツを組み合わせ、グラデーションまで再現するという気合の入りっぷり。

左のゴッドフィンガーが無いんですがそれは・・・

かの名勝負であるドラゴンガンダム戦での決まり手なのに何故?

ゴッドガンダム本体。

さすがのRGブランド、文句なしです。

色分けはグレーのラインまでキッチリ、合わせ目も全く目立たず。

プロポーションに関しても、かの超名作キット1/60に比肩するレベルのプロポーションと言って良いでしょう。

っていうか放送当時に出た1/60がオーパーツ過ぎると改めて思います。

人によっては、このRGよりあっちのプロポの方が好きという方も大勢いるでしょうね。

ちなみに私はどっちもちゅき。

動かす

キモいくらい動きます。何だこれ。

MFはがちゃがちゃ動かすに限るな!

宣誓!!

我々、ガンダムファイターは以下略。

スポンサーリンク

完成させる

はい、パパっとやって完成。

スミ入れしてシール貼って艶消し吹いて、終わり!

一応くるぶし部などモールドがアレな部分は彫り直し、バァルカン!はピンバイスで少し深くしていますけど。まぁそんなもんです。

十分だろこれで。

所々シールをカットして一部使用とかにしています。

やりすぎるとクドくなるというのは過去に経験済みである。

まぁゴッドは兵器ではなく、国家代表のアスリート機なので、多少派手でも大丈夫だと思うけど。

正直スポンサー企業名とか付いてても不思議じゃない。

三菱重工あたりは絡んでそうだし。

終わりに

ということで、RGゴッドガンダム製作でした。

アンテナすら削ってないのは久々。

キットがもう非の打ち所が無いので、私程度がなんかした所で蛇足にしかならんだろうし。

艶消しだけで(っていうかそれすら必要ないのではと思う)満足するゴッドが手に入る、良いキットに巡り会えました。

でもアンテナは削っときゃよかったなと思う。

-1/144, RG

Copyright© 意識低い系モデリング , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.