1/144 HGBD

HGBD モモカプル 制作・塗装

更新日:

スポンサーリンク

可愛さ全振り、フォースのジョーカー

ジョーカーは言い過ぎた。

積んでいたHGBDモモカプルを僅かなディティール追加と塗装で完成させました。

改修点

可愛くないという理由で丸くなった爪。なかなか豪快な肉抜き穴が空いていたのでポリパテで埋めました。

外側の3本と内側の2本が一体成型されていましたが、「ここでカットしてください」と言わんばかりのガイド(?)があったのでそこでカット、独立可動としています。ほとんど動かねぇけどな。

余ったパテで足裏もついでに埋めときました。

指のビーム砲はモールドを少し深く彫り込んでいます。

いくらなんでも地味過ぎる

ビームおしっこお腹ビームとバーニアにはつぶし玉を接着。キラリと光るアクセントとしています。バーニア内の方はアクセントとしての役割を果たしていない。

スポンサーリンク

中の人

あざとい

プチカプルはザクカラーで塗装。目の部分はキットのシールをそのまま使用しています。

上腕に当たる部分が本来はグレーなことに今気づきました。

・・・まぁいっか。

スタンドは豪快に無塗装。存在を忘れてた。

とてもあざとい

手足をプチカプル本体内に収納し、モモカプルにプチカプルを収容可能。マトリョーシカかな?文章にすると非常に紛らわしい。

丸まりモードの時、腕はどこに入ってんだ・・・?

(キットでは取り外しで再現可能です)

内部はアクリル筆塗りでクッソ雑に塗っています。肩アーマー裏も同様。目立たない所なんてこんなもんでいいんだよ。

HGUCガンダムと比較。背丈は低いですが幅と厚みは完勝しています。女の子の機体にこの言い方はどうなんだ?

中までぎっしりボリューミーですが、定価はちょい割高感があります。ガンダムタイプと比べ数出ないだろうからしゃーないが。

塗装

腕フレームは2色で塗り分け

本体ブルーはウィーゴカラーみずいろにNAZCAミリオンブルーを混色、劇中設定より淡いコバルト寄りのブルーとしています。グレーはパイプ系にウィーゴカラーのあっしゅ、フレームはクレオスニュートラルグレー、イエローはウィーゴカラーらいとおれんじを使用しています。正直ウィーゴカラーが使ってみたかったから作った感がある。

終わりに

以上モモカプルの改修・塗装でした。

他のガンプラにはない可愛らしさ全振りの外観はなかなか新鮮でした。劇中での要所での活躍も印象深く、作りやすく塗りやすい良いキットだと思います。

サラちゃんにナミさん、アバターの胸にパテ盛ってるダイバ忍アヤメさんと立体化したのに、何でモモカちゃんだけ立体化されないんだ・・・?

-1/144, HGBD

Copyright© 意識低い系モデリング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.