1/144 HGAC

HGAC ガンダムサンドロック 製作記① 後ハメ・改修

更新日:

前回レビューしたサンドロック。

なかなか良好なキットだったため、少し気になる点だけ改修し、塗装して楽しもうかと思います。

今回は塗装のための後ハメ加工、及び改修点をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

後ハメ加工

頭部の合わせ目ですが、ヘルメットとフェイスパーツを繋ぐダボ穴上部を画像の通り切り欠いて対応。コレで塗装後フェイスパーツを下から取り付けることが可能となります。

前腕は関節フレームパーツを画像の様にハの字カットし、手首ボールジョイント受け側を接着。塗装後にパチンと組めます。切り間違えてユルユルでも接着することで対応可能。というか右腕側がそうなりました。

前腕が大きいと感じたため裏打ちして削り込みしようと思っていたのですが、見事に裏打ちを忘れて接着してしまったためこのままでいきます。駄目じゃん。

続いて肩アーマー。画像赤丸内のピンをカットすることでグレーパーツの後ハメが可能。画像左側が加工後。取り付け時要接着となります。

スネの合わせ目は普通に消せばOK。これで目立つ合わせ目は無いと思います。

改修点

テンプレ通り頭部アンテナはシャープに削ります。少々削りにくい形ですが、折り曲げたペーパーや鉄ヤスリで対処しました。

ヒートショーテルの刃も削り込んで尖らせました。アンテナと合わせ、非常に効果的な一手間だと思います。

こういうのを削る際は、まずはマッキー等でエッジを塗っておくと状況判断がしやすく削りやすくなります。お試しあれ。

ちょっと胴が小さく感じたため、腹部パーツ下部に1mmプラバンを貼って底上げ。最近のHGって大体が寸胴気味な気がする・・・

フトモモが小さく感じたため、まずフレームパーツをカットし2mm延長。ロール軸が当たるので接続穴をガイドに延長部に3mm穴を開けて軸を逃しています。

フレーム延長後、装甲上面に同じく2mmプラバンを貼りフトモモ全体を延長。

延長後、左右に曲げグセをつけた0.5mmプラバンを2枚づつ貼って、左右計2mm幅増し。空いた隙間はポリパテでフォロー。パワー型の機体ですし、ガッチリしてた方が似合うかなと。

スポンサーリンク

全体像

あんまりやってると終わらないワルツ状態になりそうなので、改修はこの辺で終わらせようかと。

後は表面処理及び塗装へと洒落込みたいと思います。

製作記②はこちら

-1/144, HGAC

Copyright© 意識低い系モデリング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.