1/144 30MM

30MINUTES MISSIONS ラビオット レビュー

投稿日:

担当していた億単位の仕事を残業続きながら何とか終わらせ、ホッとしていた今週末・・・

僕「おや、淀から荷物が・・・?」

僕「パワプロ2020と・・・お、30MMラビオットのオプションか!」

僕「そうそう、このチェーンソーに惚れて3個買っちゃったんだよねぇ~」

僕「・・・」

俺ラビオット作ってねぇ!!

というわけで、『30MM ラビオット』のレビューです。RGインパルスもそのうちね・・・

スポンサーリンク

全体像

キット内容。ラビオット本体、ビームショットガンと組み換え用のアダプター、あといつものテトロンシールが付属。めっちゃシンプル。あと今回ロイロイは付属しません。

アルトに次ぐ2機種目となったラビオット。アルトに比べかなりマッシブ。特に上半身の重装甲っぷりが素敵。関節の構造はアルトと同一で、組み換えも可能です。

バストアップ。カメラは当然クリアーパーツで、中にもディティールがあります。

個体差でしょうが、私のは右手首がちょっと外れやすかったです。何でや。

いつもどおり本体に目立つ合わせ目はありません。

アルトとの比較。上背はほぼ変わりませんが、やはり上半身のボリューム差が凄いですね。与田監督かな?反面下半身は太ももと靴こそでかいものの、スネに関してはアルトのほうが太いという。これマジ?上半身に対し以下略。

今回も全身に3m穴やC字ジョイント接続軸があり、カスタマイズ性を確保してます。

可動範囲

首及び胴体の可動。まぁ大体アルトと同じ。

肩周りの可動。ゴツい割に広い可動範囲を誇ります。

肘も90°以上曲がります。

続いて下半身。相変わらず良く動きます。大きな太ももでも無問題。接地も優秀。

膝もここまで可動します。

本体はゴツいですが、可動範囲は相変わらず広いですね。

スポンサーリンク

付属品

付属武装のビームショットガン。あまりショットガンには見えません。

基部とバレルの2ブロックで構成されており、バレルには合わせ目が出ます。

3mm穴の他、基部・バレル共に四角穴があり、様々なパーツを取り付けられそうです。でも平手はデフォでくれ。

ショットガン用アダブターパーツはバレルに変わり基部に取り付けます。

アダプターを介することで、これまで出ているアルトウェポンとの互換が出来ます。装備類も大分充実してきましたねこのシリーズも。

総評

以上、『30MMラビオット』のレビューでした。

アルトとは大きく異るフォルムの機体ながら、そのボリュームに負けない可動範囲を有した良キットです。

本体の拡張のほか、武装もアダプターを噛ませてこれまでと違う組み合わせが楽しめるのもGOOD。

個人的には、陸戦アルトの脚部なんかと組み合わせてみたいと思いました。

まだまだ広がりそうな30MMワールド、今後も楽しみですね。

-1/144, 30MM

Copyright© 意識低い系モデリング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.