1/144 30MM

30MM アルト用オプションウェポン1レビュー

更新日:

先に取り上げたアルトと同時発売となったオプションウェポン&アーマー。一緒に購入しておいたのでアルトにくっつけて遊んでみたいと思います。今回はオプションウェポン1をご紹介。

値札は気にするな。(←取れよ)

スポンサーリンク

オプションウェポン1 内容

ランナー2枚構成。成型色はダークグレー1色です。

左が火器、右が接近戦装備となっています。割と盛り沢山。

銃火器は新たにバレル2種と円柱形のスコープが、近接武器は接続・グリップパーツと刃物3種が付属。

銃火器類

まずは基本形態(多分)のサブマシンガンから。 銃火器はデフォルトのサブマシンガンを中心にバレルやサイトの取り付け・組み換えを行う形式です。

形状、成型色共にアルト付属のものと変わらないっぽいです。

これで両手マシンガンが出来るぞ!

続いてはライフル形態。サブマシンガンから銃口を外し、バレルとフォアグリップ、サイト及びスコープを選択して完成。

持たせた状態。サブマシンガンに比べ一気に長くなります。重くもなりますが、片手でも充分に保持が可能です。

銃口下のグレネードランチャー部分等に合わせ目が出ますが、モールドとして処理されている部分が大半です。

フォアグリップは可動等のギミックは無く固定。余裕で両手で構えることも可能です。

3mm穴は両サイドあるので、フォアグリップを逆側にも取り付け可能。脳内設定でサウスポーが搭乗していても安心です。その場合ストックの位置がおかしくなるが。

銃火器ラストはロングライフル。まぁ狙撃用のスナイパーライフルといった感じですな。こちらではサイトではなくスコープを付けています。またフォアグリップは1個しか付いてないので注意。

ロングライフルは持たせるとこんな感じに。

ロングライフルのバレルは合わせ目が全てモールドとして組み込まれております。スコープは先端部分に合わせ目アリ。

ロングライフルはフォアグリップを取り付けられる穴が片側にしかありません。これにはサウスポーパイロットもニッコリ不可。穴あけちゃえ。

アルト君の可動が優秀なのでスナイプ姿勢もバッチリ。

夜明けの鐘を鳴らすことも可能だぞ。

スポンサーリンク

近接武器

続いては近接武器のご紹介。アルトのキットにも付属していたナックルに加え、ロンググリップ、フック船長手首と交換するパーツに、ハチェット、ナイフ、ソードを組み合わせる形となります。

新規パーツのロンググリップとフック船長。ロンググリップは3パーツで構成されており、3mm軸と穴で構成されています。

フック船長+ハチェット。ハチェット先端には2つの角穴があり、ナイフやソードパーツも取り付けることが出来ます。

ナイフ&ソード。やっぱナイフが似合いますかね。

ロンググリップ+ハチェット。ロンググリップは両手持ちに適しています。

ソードを付けてサンライズ立ち!・・・ちょっとソードの迫力が足りない。

ナックルはアルト付属の物と同一のようです。両手に持たせてガチ格闘機!

ナックルは上部の他に中央にも角穴があります。

ハチェット刃を取り付けると殺意の増したナックルに。

グリップ上部の角穴に3種。最もオーソドックスな形であり、扱いやすいですね。

アルトのナックルと合わせ2刀流。

総評

以上、30MMアルト用オプションウェポン1でした。

プレイバリューが一気に広がる他、アルト付属装備とも互換があり様々な形に組み替える楽しさもあります。アルトを持っているならばマストバイの一品ですね。価格もお手頃(500円くらい)ですし、コレをベースにオリジナル武器を制作してみても楽しそうです。

※7月上旬現在、品薄みたいです。追加の出荷を待つことをお勧めします。

次回はアーマーをアルトに着せて遊びたいと思います。

追記:アーマーレビュー出来ました

-1/144, 30MM

Copyright© 意識低い系モデリング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.