1/144 30MM

30MINUTES MISSIONS ポルタノヴァ宇宙用 レビュー

投稿日:

僕   「や、やっと新年会ラッシュが終わったぞ・・・ _(:3 」∠)_ 」

会社 『会議!関西出張!会議!!

僕   「えぇ・・・ _(:3 」∠)_ 」

というわけで激動の1月が終了したので、30MMシリーズの新商品『ポルタノヴァ宇宙用』を作りました。

スポンサーリンク

キット内容

先のアルト空中戦と同様、盛り沢山な内容となっております。

キットのポルタノヴァノーマル。今回はガルグレーとホワイトのツートンカラーとなっております。

今回モノアイは無色クリアになっています。

可動範囲はノーマルポルタと変わりありません。

武装類

武装1つ目はロングライフル。肘下を交換して装備させます。フォアグリップで両手持ちも余裕。合わせ目もモールドとなっており目立ちません

武装2つ目はクロー。こちらは手首と交換で装備します。可動パーツが内蔵されており、グワッと大きく開くことが可能。

スポンサーリンク

宇宙用換装

続いては目玉の宇宙用装備への換装です。

まず頭部は画像のように分解、宇宙用マスクと交換し、モノアイを取り付けます。

組み上げるとこんな感じに。どことなく愛嬌があります。前述の通りモノアイはクリアなので、好きなクリアカラーで塗るのも良いでしょう。

前腕にはカバーパーツを装着。ワンパーツ成形で、正面からだとややスッカスカな印象。サイドには3mm穴があります。

下半身の換装はパーツがいっぱい。腰回りの他、ヒザ下は丸々交換となります。

ただ、足首関節のポリ製ボールジョイントは1組しかないため、コンパチとなります。

下半身の換装完了。逆関節のスネが大きな特徴。合わせ目も無いです。3mm穴も結構追加されています。

続いては宇宙用バックパック。前後張り合わせの為合わせ目あり。3mm穴の他、C字の軸接続部があります。

バックパックにノーマルのスネを付け、足首部分にバーニアを接続して宇宙用バックパックの完成。

私のキットは何かバーニアがゆるっゆるなんですがそれは・・・

あとノーマルスネの取付部は可動しますが、 ディティールって言い張るには少々厳しいくらいに肉抜きされています。

ポルタノヴァ宇宙用

宇宙用に換装完了。逆関節の脚部が異形感を際立たせます。顔もなんか無表情っぽい。

ノーマルポルタ君や空中戦アルトとの比較。スネが変わるだけで大分デカくなります。

可動範囲はこんな感じ。見た目の割によく動きます。そんなに動かなくても問題ないと思いますが。

3mm穴や軸ジョイントだいぶ増えますので、色々盛れて楽しいですね。

4脚タイプ

続いて4脚タイプにしてみます。

4脚はキットが2個必要になるので注意。

スネブースターの代わりに逆関節脚と取り付けます。軸関節しかないので可動範囲は狭め。

バックパックを腰リアアーマーに取り付けて完成。

一気にボリュームが増し、かなりカッコいいです。異形感もMAX。

大して強固に接続されていないリアアーマーに取り付けるため、ポロポロのストレスもMAX!(駄目じゃん)

この形態にしたい方は、リアアーマーを接着してしまった方が良いかもです。

総評

以上、ポルタノヴァ宇宙用のレビューでした。

アルト空中用と同様、カラバリしかなかったポルタノヴァにもボリューム満点の特別仕様が出て嬉しい限り。逆関節に加え、キットが2個必要ですが4脚タイプになるなど、ポルタノヴァのプレイバリューが一気に増えてアレコレ遊べるようになります。

いよいよ新タイプの機体も発表され、30MMシリーズも新しいステージに移るようで、今後の展開にも期待したいですね。

-1/144, 30MM

Copyright© 意識低い系モデリング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.