1/144 HGAC

HGAC ガンダムサンドロック レビュー

更新日:

デモンエクスマキナを遊んでたらサンドロックが発売されてました。

ゲームもいいけど模型もね、ということで組んでみたのでレビューしたいと思います。

しかしウィングの次がサンドロックとは驚きました。リーオーとマグアナックは?

同期のヤツらが極太ビーム撃つ可変機、大鎌持った死神、歩く火薬庫、伸びて火も吹く右腕持ちと凄まじい個性派揃いの中、言い方がアレですが最も地味な印象のサンドロックが早期にリニューアルされるとは。

パイロットは負けず劣らずですが。

ちなみにサンドロックの特徴は、『硬くて力持ちな指揮官機』です。

追記:制作開始しました。

スポンサーリンク

付属品

サンドロック本体、ヒートショーテル2本、赤熱ヒートショーテル刃2本、シールド、左右平手、角度付きのヒートショーテル左右持ち手が付属。残念ながらマシンガンは無しです。やっぱ地味だな。

細かい色分けやシールドに使用するシールも付属。

最近グリーン部分が大きいシールがちょこちょこありますね。切り出してセンサー類に使えということでしょうか。

あとガンブレモバイルに使用できるコードが初回限定で付属してました。いらねぇ・・・

コードが付属してますよっていうのをアピールしたいのは分かりますが、パッケージの機体名の横にデカデカと載せるのはどうなんだ?

全体像

サンドロックってこんなにスタイル良かったっけか・・・?

全身の色分けは優秀。イエローは派手さを抑えたダークイエローっぽくなっています。

ちょっと肩アーマーと前腕が大きい気がします。

バストアップ。

めっちゃイケメンになってて草。

わざわざカメラアイだけにグリーンの成型色を割り当ており、黒を入れるだけで配色が再現できます。

さすがにバルカンは色分けされておらず、胸のセンサー(?)もクリアーではありませんが、こちらはシールで補えます。肩のホーミングミサイルは塗り分けしやすいよう分割されていました。

頭部の一部、前腕、スネに合わせ目がでます。

頭部は目立たないからいいですが、前腕は関節挟み込みで、HGCEインパルスに近い構造。強度的に後ハメが少々怖いのよね・・・

奇跡的に持ってた旧1/144との比較。さすがに隔世の感があるな・・・

っていうか旧キットが酷すぎである。

スポンサーリンク

可動範囲

肩は上方、前方共に大きく可動します。というかこれ以上動かすと肩が抜けます。

肘は当然二重関節。

何故か見上げるのが異常に得意。何でだ?

開脚はこれくらい、接地性も中々良好です。

膝も二重関節で限界まで可動。フトモモ上部にはロール軸があり、腰リアアーマーも跳ね上げ可動します。腰フロントアーマーはボールジョイントを切り離せば独立可動します。といかはめ込む際に勝手に2つに割れました。

面白いのは腰部分の可動。股間軸と胴体接続基部が画像のように稼働する構造となっています。

装甲付きでもココまでお辞儀することが可能。ヒートショーテルを振り下ろすポージングに幅が出ます。

装備類

武装を装備した状態。ヒートショーテルのバックパック接続部分は稼働させることが可能。

メインウェポンのヒートショーテル。HG基準なので刃先はまるっとしています。アンテナ共々シャープにしたい所。

旧キットのショーテルと比較。大分長くなりました。

グリップ周りは旧キットのほうが大きいんですね。意外。

装備した状態。刃が長くなって迫力アップ。左右で刃の向きを変えてみましたが、劇中ではどちらの向きでも振り回してましたね。

剣持つとカッコいいな・・・

余談ですが、本来ショーテルという武器はその独特のカーブを活かして敵の盾等をかわしながら攻撃する剣だったそうです。我らがカトル様はそんなん関係ナシに一刀両断してましたが。

また、ショーテルはそのカーブのおかげで普通に振っても優れた切れ味を発揮したそうな。カトル様は間違っていないのだ。

キットには角度のついたショーテル持ち手が付属。突きの様に前に倒して構える事が可能。

腰の可動と併せ振り下ろしたポーズもキマってくれます。

ヒートショーテルの刃は赤熱状態のものと交換可能。クリアーレッド整形で、その名に違わぬ状態を再現可能。

続いてシールド。表側はほぼ色分けされており、目の部分もシールで補えます。白地だし、モールドもあるため部分塗装もしやすそうです。

裏面はこんな感じ。クロー(牙?)部分に肉抜きがあります。

クロスクラッシャーの関係で背中に背負うことが可能です。というかクロスクラッシャーを背中に背負ってる状態では・・・?

ヒートショーテル、シールド、バックパックの合体武器クロスクラッシャー。何と戦車すら破壊する程の威力を持っているぞ!主役機は戦車を複数台まとめて蒸発させそうなライフル持ってるがな!

・・・戦車くらい普通にヒートショーテルでたたっ斬れそうな気がするのは俺だけか?

なんか・・・噛み合わせ悪い気が・・・個体差?

ちなみに旧キットのマシンガンはキットの手首では保持できませんでした。(画像ではMSハンド3を使っています)

サイズは違和感無いと思いますので流用するのもアリか?裏面肉抜き満載だけど。

総評

ブッピガァン!!!

以上、HGACガンダムサンドロックのレビューでした。

近代ガンプラに倣ったプロポーションと可動の両立がしっかりとなされており、安定の出来を誇る好キットとなっております。

特に腰に集中している稼働により、劇中のショーテルを用いたアクション再現にしっかり注力しており、ファン納得のアイテムではないでしょうか。

ガンダムWファンはもちろんのこと、当時燃え盛ったお姉様方にもお勧めのキットですぞ。

余談

肩アーマーの内側上部の蓋は別パーツ、腰リアアーマーには使われてない穴が・・・

宇宙に行けそうですね、カトル様!

制作① 後ハメ・改修

-1/144, HGAC

Copyright© 意識低い系モデリング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.