1/144 HGUC

HGUC ガンキャノンRivie 改修・塗装

更新日:

スポンサーリンク

HGUC ガンキャノンRivie

1999年に始まり今も展開が続く HGUCシリーズ。

栄えあるNo.01に選ばれたのは、ガンダムでもザクでもなく、まさかのガンキャノンでした。当時はその珠玉の出来で話題となり、中でもプロポーションは今見てもカッコイイと思う。

あれから10年以上が経過し、新たな姿となったガンキャノンを今更作成しました。

全体像

WBのマーキングの欠けは気にしてはいけない

所々気になるところがあったので、手を加えています。

スポンサーリンク

改修点

1:頭部

バルカンを開口、後頭部アンテナは尖らせてます。適当に削ったら歪んでた。真鍮線等に置き換えた方が絶対に良いです。(え

あと頭部のシルエットが妙に丸っこく感じたので、頬下部から後頭部にかけてポリパテを薄く盛り、釣り鐘型にしてます。

2:キャノン砲

キャノン砲取り付け位置が前過ぎではと思い、干渉部分を削りつつ、キャノン取り付けパーツを前後逆に(強引に)接着。この方がしっくりくると思ったのだ。

結果としてかなり収まりが良くなりましたが、キャノン砲後端とバックパックが思いっ切り干渉するようになり、砲口の上方への可動範囲が格段に狭まってしまいました。(これまでの画像が、実は限界までキャノンを上げた状態)まぁ上に向けることなんかあんまないだろうし…

3:上腕・太腿

表面処理のテキトーっぷりが光る

上腕と太腿はやはり細く感じたので、細く切った1mmプラ板を並べて貼り、スキマをパテで埋めて幅増し。円柱形の幅増しにはこのやり方がおススメです。(説明が下手過ぎでは?)

4:後ハメ加工

肩パーツは、上画像緑線で示した縁部分を薄く削ることで後ハメが可能に。

少々雑だが、それほど目立たないので良しとしよう。見え難いところはとことん手を抜くのが私である。

塗装

ライフルの青センサーはスワロフスキーを使用しています

赤:マルーン下地にモンザレッド+シャインレッドでグラデ

関節:適当に作ったウォームグレー(レシピど忘れ)

キャノン等グレー:軍艦色2

ライフル:RLM75グレーバイオレット

一部メタリック部分はガイアフレームメタリックを使用

以上、HGUCガンキャノンRivieでした。

旧HGUCに付属したスプレーミサイルランチャーこそ無いものの、広い可動範囲にクリアーとなったゴーグルなど、現在の水準に引き上げられた好キットといえるでしょう。両平手も付いているが無くしちゃった。機体ナンバーもカイ&ハヤトのナンバーに加え、確かゲームのムービーに出てきた妙に強いガンキャノンが付けていた203のマーキングシールも付属しています。組み立ても簡単な良キットでした。

-1/144, HGUC

Copyright© 意識低い系モデリング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.