ノンスケール 美少女プラモ

ダークアドヴェント ラーニア製作1

更新日:

エルガイムMk-Ⅱが来ないと思っていたら、出遅れて4月発送分だったことが判明しました皆様いかがお過ごしでしょうか。

マガツキを組み立てていた時、えっちなプラモの良さを再確認した私は、先日レビューした「ダークアドヴェント ラーニア」をちょっと手を加えて完成させようと思い立ちました。

何気にマシニーカに手を加えるのが初だったりするので、まぁ良い経験になってくれるでしょう多分。

スポンサーリンク

工作

強度的に後ハメはハナから考えず合わせ目を消していきます。

材質がPSではないこと多々なので、合わせ目消しはゼリー状瞬間接着剤で行っていきます。

足ですが、ニーソの「むにゅ」感を出したかったので削り込み。

画像左が加工したものです。伝われ。

キットではビキニっぽい衣装ですが、今回趣味でレオタードっぽい衣装にしたいと思い、スジ彫りやパテ盛りを行っております。多分人生で一番丁寧にスジ彫りしました。(えぇ・・・?)

塗装すればそれっぽくなってくれるハズ・・・

尻はパテ盛りで「むにゅ」感が出るように形状を整えています。

視線追従に挑戦

顔は視線追従に初挑戦。

まず白目部分をブチ抜き、裏面はリューターで削ってレンズパーツがフィットするよう丸く削っています。この際フチ部分をなるべく薄くなるように慎重にリューターを当てています。

使ったビットは球状及び砲弾型。

シンメトリーになってないやん、と思うかもしれませんが、まぁ大丈夫でしょ多分。

とりあえず左目にテストパーツを仮止めして、ちゃんと視線追従出来てるか確認。

テストパーツはポンチで抜いた0.5mmプラバンに、マッキーで瞳を簡単に描いたもの。これに4mmのHアイズを瞬間接着剤で点付けして作製しています。

とことん分かりづらい画像ですが、ちゃんと追従できてるっぽいです。

なんか感動。

工作はこの辺にして、今後は表面処理をちまちま進めつつ、塗装プランを考えていきたいと思います。

-ノンスケール, 美少女プラモ

Copyright© 意識低い系モデリング , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.