ゲーム 雑記

ちょっとシンオウ行ってくる:ポケモンBDSPプレイ記録4

投稿日:

おいアルセウス出ちゃったぞ。

もはやスクショ見なきゃ思い出せなくなっているブリダイプレイ日記です。

ところで私の右手はいつ包帯が取れるんですかねぇ・・・?

スポンサーリンク

突撃隣のギンガ団

湖の悪事を止めた後、いよいよ本拠地へ殴り込み。

当然入り口は閉まっているけど、スパイとしか思えない人に良いことを教えてもらう。

サッポロ「誰やっけコイツ・・・」

えぇ・・・?

何はともあれ、コレで殴り込みに行けるぞ。

ポケモン主人公特有の、敵の本拠地のド真ん中で爆睡出来るメンタル。

アジトの最奥で、マユゲのないボス、アカギさんとバトる。

背景が壮大過ぎて笑う。

まぁ特に苦戦することなく勝利。

今作ではお前がくれるんかい。

明らかな「俺は本気じゃないぜ」感を出しつつ、ま~だ何か企んでいるみたいなので、彼らを追ってテンガン山に向かいます。

月光蝶である

アカギを追ってテンガン山を登ります。

途中泥に塗れたワンリキーを保護しつつ山頂へ。

山頂では女2人はべらせたアカギがなんか言ってました。どうやらディアルガを呼び出し良からぬことを企んでいるみたい。

まぁ具体的に何がしたかったのかよくわからなかったんだがな!

突然呼び出されて拘束されるディアルガ君。そりゃ怒る。

体から謎オーラを発してもしょうがないというものだ。

な~んかどっかで見たことあるような光景だn・・・

あぁそうだ、ヒゲだ。

神様になるってそんなに魅力的なんかねぇ。

世界中から凄い身勝手なお願いされるんだぞ。

因みに最近私が願ったことは「このミスが上司にバレませんように」だ。

そんなんが引っ切り無しに来るんだぞ、大丈夫かアカギ?

前座かと思ったら妙に強い2人。

前座が終わったらアカギと決戦。

ギャラドスがソクノ持ってて驚く。

このあたりから半減実が当たり前になってくる。

でも130族に爪はどうかと思うぞ・・・

切り札マニューラは、ヨプごとインファイトで砕いて、勝利!

ま~だ何か企んでいるのか。

まぁディアルガは無事救出したぞ。

ここでディアルガをゲット出来ます。

あ、でも今シンクロいないんで倒しちゃいますね~。

救出とは?

これには博士も絶句。

スポンサーリンク

最後のジム

世界の平和も守ったので、いよいよ最後のジムリがいるナギサシティに到着。

町の入口で自称四天王のオーバさんと出会う。

四天王なのか・・・てっきりメイク前のドナルドかと。

何やらここのジムリーダーはやる気を失っている模様。

やれやれだぜ・・・フッ

おぉ!?

久しぶりのミカンちゃん。観光かな?

アカギってここ出身だったんか。

引きこもりの陰キャか。

そら歪むわ。

フラついていたジムリーダーデンジをシバいて持ち場につかせる。

世話の焼けるヤローだ。

というわけで最後のジム挑戦。

ココに来て遂にライバルの先を行くことに。

エリトレは安定してえちぃですなデュフフ。

「強くなりすぎた」とでも言いたそうなデンジ君。

ならシロナさ・・・チャンピオンにでも挑めばいい。

ジムリーダーという地位にしがみついている時点で、そこがお前の限界だ。

さぁ行けマンムー!(ゲス顔)

ウワァーー!!

天罰かな?

当然のようにシュカ持ちだし・・・

だが所詮電気タイプ、マンムーを中心に攻めれば容易い・・・

で、電気タイp・・・

えぇ・・・?

アッハイ。

あ、威嚇効かないですよソイツ。

なに笑てんねん?

なにはともあれ、全てのジムを突破しました。

あ、すいませんその技序盤に喰らいました。

やっぱおかしいだろあのケーシィ・・・

次回

いよいよラスト。

死闘、ポケモンリーグ。

まだ引っ張るのか・・・

-ゲーム, 雑記

Copyright© 意識低い系モデリング , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.