ノンスケール

PLAMAX MF-43 minimum factory ディードリット 制作・塗装

投稿日:

2020年4月23日(木)

仕事中僕( ´∀`)「よぉ~し、今週末はRGインパルスと30MMラビオットを作るぞ~」

2020年4月24日(金)

仕事中僕(;´∀`)「あ、あれ?密林から発送のお知らせが来ないぞ・・・明日発売日なのに・・・」

2020年4月25日(土)※インパルス&ラビオット発売日

密林「すまんすまん、到着28日くらいになるンゴwww」

仕事中僕( ´∀`)「・・・」

ア マ ゾ ン ッ!!!

↑この時の僕の心境(イメージ図)

ま、まぁコロナの影響かもしれないし・・・

というわけで連休前の週末で

MAXファクトリーより発売された『PLAMAX minimum factory ディードリット』を作りました。

スポンサーリンク

仮組みレビュー

ディードリット。小説からのメディアミックス展開の先駆けとなったファンタジー作品『ロードス島戦記シリーズ』のヒロインである。

いわゆる『エルフ』のデザインを決定付けたエポックメイキングなキャラクターであり、起源にして頂点と言っていいであろう。まさにレジェンドである。

そんなキャラクターが、この度PLAMAX minimum factoryブランドで発売となり、コレは作らねばと至ったわけです。

使用後で恐縮ですが、付属品はデカールのみ。額の宝玉及び左右に向いたアイデカールが付属。予備含め3セット分あるので安心。一回失敗しているのが丸分かりですが。

とりあえず仮組み。

・・・私このシリーズ初めて買ったんですが、まさかスナップフィットですらないとは思いませんでした。

買った時「妙に箱薄いな」とは思いましたが・・・

ちなみに接着剤使用の旨はちゃんとパッケ裏に書いてありました。

箱開けた瞬間「小っさ!」と声が出たくらい小さいです。1/144ガンダムと比べてもご覧の通り。色分けも最小限の為塗装必須と、どちらかというとガンプラ旧キットに近いです。

「なら塗ったらぁ!」ということで製作開始です。

苦戦した塗装

とにかく厄介だったのが、アーマーにあるゴールド。最低限のパーツ分けがされているとはいえ、このサイズなのでアーマーの模様等は塗り分けの必要が出ますが、まぁ~これがキツかった。プルプルしながら塗ってました。画像の筆、ゴッドハンドの神筆の面相Sなんだぜ・・・まだ老眼でなくて良かったです。

今回キッチリ塗り分けることは早々に諦め、ラッカーで基本塗装をした後、この模様のような細かい塗り分けはエナメル塗料を使うことにしました。

スミ入れを諦めることになりますが、塗り分けラインをエナメルシンナーを含ませた筆で修正できる方が良いと判断した次第です。水性アクリルでええやんと思うかもしれませんが、アクリルのゴールドなんて持ってないし・・・買ったところで次の出番があるのか疑問だし・・・

世間的にも外出し辛い現状ですので、手持ちの塗料だけで塗装していきました。

あ、アイペイントは端から無理ゲーとわかっていましたので、素直にキットのデカールを貼りました。

スポンサーリンク

塗装手順、レシピ

肌:成型色の上からFGパール+クリアー→クリアーオレンジでウォッシング

髪の毛:成型色の上からGXクリアゴールド+イエローパールパウダー+クリアー→エナメルクリアオレンジ+クリアイエローでウォッシング

衣服:ガイア ライトグリーン→エナメルグリーンでウォッシング。凹部に塗料を残し、エナメルシンナーを含ませた筆で境界をなで、イラストっぽい影の付け方を目指しました。駄目でした。

アーマー、マント:キャラクターブルー マント裏のレシピは忘却(←えぇ・・・)

ブーツ、手甲:Mr.カラー ウッドブラウン→エナメルブラウン+ブラックでウォッシング。

ゴールド部:タミヤエナメル チタンシルバー+クリアイエローを筆塗り

※タミヤのエナメル塗料「X-12ゴールドリーフ」は、他のエナメル塗料とは性質が違うので注意。多分あれだけラッカー系。

仕上げにアーマー部以外はフラットコート。アーマー部は塗料のままのツヤとしています。

完成

左右アイデカール、貼る位置が近すぎた。

カッコカワイイ宣言しそう。

まぁいっか。

デカールも極小サイズなので、マックセッターを使用し、綿棒ではなく筆で定着させていきました。失敗はパッケージの見本を見なかったこと。

あと、今回各パーツは塗装後普通に接着していったのですが、少なくとも足とマントは軸打ちすることを強くオススメします。

ベースはダークブラウンで塗装し、草むらっぽく仕上げてみました。

セリアの園芸コーナーにあったコレを、少量の水で溶いた木工用ボンドでくっつけていきました。めっちゃ手軽に草むらっぽく出来るのでオススメ。

総評

以上、PLAMAX minimum factory ディードリットの制作でした。

ひっさびさの旧キット仕様、思った以上に苦戦しましたが、たまには良いですねこういうのも。

近年のキットがいかに親切に作られてるか実感したよ・・・

小スケールながらディードをしっかり再現した良いキットですので、腕に覚えのある方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

・・・今記事書いてて思ったんですが、

アーマーのブルーは成型色を活かしていればもっと楽だったのでは?

・・・やっちまった。

おまけ感想

ディードはあんな大胆なぱんつ穿かないと思う。

-ノンスケール

Copyright© 意識低い系モデリング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.