ノンスケール

メガミデバイス 兼志谷シタラ Ver.カルパチョート レビュー

投稿日:

アヘらないWピース!

コトブキヤから展開されている「メガミデバイス」シリーズより、ゲームアプリ「アリス・ギア・アイギス」とのコラボ商品、『兼志谷シタラ Ver.カルパチョート』がリリースされました。

ユニット装備とはいえ、出来上がるのは小さい女の子キットなのにマスターグレードを上回るレベルのパーツ数のせいで組み立てにえらい時間がかかりましたが、無事作り終えたのでレビューいきまっす。

スポンサーリンク

全体像

パッケージはダブルピースのシタラちゃんが目印。メガミのコラボアイテムのパッケはホワイト多めなのか?

キット内容。盛り沢山にも程があるぞ武器屋。

シタラ本体、武装モード用ユニット、表情別フェイスパーツ、スタンド、ネコミミパーツ、武装2種、エフェクトパーツ2種、交換用手首いっぱい。(背面武装ユニットは撮影用にバンダイのベース使ってます。何故かピッタリだったので。キットには当然付属していません)

他に水転写デカールと、コラボ先のゲームに使えるプレゼントコードが付属していました。

私ゲームのアリス・ギア・アイギスの方は一切触ってないんですが・・・だれかコレいる?あげよっか?

・・・と思っていたら、注意書きに「譲渡・転売禁止」とありました。

あと、武器屋さんちのオンラインショップで購入したので、ボーナスパーツとして塗装用髪パーツと無地のフェイスパーツが付属していました。

今回組み立てに当たり、ウンザリするくらいのランナーがあったため、ガムテでランナーの種類を見やすくしました。これに限らずマスターグレード等でもやりやすくなりますのでお試しあれ。

シタラちゃん本体。ふ~んえっちじゃん。

頭身低めの褐色きょぬーという属性過多。

バストアップ。おっπガン見という意味ではない。

お顔は安定の武器屋クオリティ。瞳のタンポ印刷もズレもなくキレイ。チークもハイライトまであります。

谷間もハイクオリティ。

キットにはドヤ顔の他に右流し目と笑顔のフェイスパーツが付属。

全部かわいい。

足がちっちゃいため自立はかなり不安定なので、付属のスタンドを使用した方が無難です。位置調整も割と融通の効くスタンドです。

関節類は全て挟み込みの為合わせ目は多め。

ココがキット状態で後ハメ関節になったら革命だと思うんですが・・・サイズ的に厳しいか。

何故かネコミミ&しっぽが付属。

いやほんと何故だ?

ゲームでの別バージョンなのか?

担当者の趣味なのか?

しっぽはアダプタ(?)を介することでスタンドと両立可能です。ア○ルプラグではない。残念だったな。

手首は豊富な種類が付属。握り手平手持ち手といったスタンダードなものの他に、冒頭画像のピースや指差し手も付属。ヨシッ!

可動範囲

説明不要の超素体「マシニーカ」、可動範囲は非常に優秀です。

あると余計にえっちく見える前掛けは通常のものの他に、動きが付いたものが付属。ていうかこれえっち過ぎでは?

交換することで脚を動かす際に便利です。あと風の妖精によるイタズラを演出したりできます。

スポンサーリンク

武装モード

続いては武装モードへの換装。素体との共用部分はこれだけです。

武装モード換装ユニット一式。頭部に飾りが付き、アーマーがつく腕部、厳つい脚部とバックユニットで構成されています。

スタンドの支柱も武装モード用に交換しておきます。

武装モード。素体状態から一気にボリュームアップ。特に背面と脚部ユニットがデカイです。縦にも後ろにも大きく伸びます。

色分けも優秀で、一部グリーン等が足りないくらいです。

干渉部分が増えるため、さすがに可動は素体に比べ制限されます。

特徴の一つ、脚部ユニットアップ。脹脛に当たるパーツを動かすことで膝可動が可能。足首に当たる部分も可動します。フレームから非常に細かいパーツ分割がされており、各ディティールもくっきり。合わせ目もありません。塗り分けるとカッコよさそう。

キック痛そう。(小並感)

背面ユニット上部にはクローアームが配されています。武器屋らしく各エッジも非常にシャープに成形されております。

クローアームは大きく可動・展開することが可能。ホワイトのクロー部分はモナカですが、あまり合わせ目が目立たない構造になっています。

クローアームの一部には肉抜きアリ。

大きなウィングが目を引くブースターユニット。説明書では背部ギアという何とも言えない名称になってます。こちらもモールドはシャープです。背面ユニットはどれもパーツがみっちり詰まっており、結構重いです。

ユニットのホワイトのパーツは回転して角度調整が可能。パーツ自体はクローと同じです。

背面ユニットを接続するフレームはクリアーグリーン整形、多数の軸ジョイントで繋がっており柔軟に可動します。

ただ、私のキットは一部の軸が緩めで、重いユニットをギリギリで保持しているような状況でした。

また、キットには各ユニットの取り付け位置を微調整できるスペーサーパーツもありました。

武装類他

武装が2種類付属。ロングライフルと槍のような近接武器です。

それぞれショットギア、クロスギアと言うそうです。

保持用の手首は同型でも2種類、軸可動が組み込まれたものと軸固定のものがあります。微調整は効きませんが、ライフルのような重い武装は固定軸の手首のほうが安定して保持できます。なかなかの心配り。やるな、コトブキヤ。

ライフル装備状態。かなり長いライフルで、武装シタラちゃんの身長に迫るくらい長いです。

この画像で気づいたのですが、クローユニットの一部パーツが無ぇ・・・どこいったし

銃身の一部はクリアーグリーンのパーツが使われております。合わせ目も目立たず、色分けも優秀です。

グリップ上部の○モールド付近に複雑な色が使われていますが、こちらはデカールでカバーするようになっています。

固定軸手首の他、シタラちゃん本体の関節も固めのため、この長いライフルも片手保持が可能。グリップの保持もしっかりしています。

組立時関節部に少量のグリスを塗っているのですが、それでもこの保持力です。

続いてはクロスギア。保持手首はライフルと同じものです。

ビーム刃付けないと杖っぽいですね。魔法少女か?

ビーム刃を取り付け。ライフルよりさらに全長が長いです。クリアパーツは固めで、先端は刺さりそうなくらいシャープです。取り扱い注意。

優秀な可動に加え、グリップも長いので両手持ちも余裕。サンライズ持ちも出来ます。

エフェクトパーツはマズルフラッシュとバーニア噴射の2種類が付属。パープル成形がマズルフラッシュで、ブルーはバーニアに取り付けます。

フライトユニットの他、脹脛のパーツにも取り付けることが可能。ってか脹脛のあれってバーニアだったのか・・・

ライフルエフェクトは銃口のパーツを専用のものに取り替える必要があります。

さすがにエフェクトを付けると片手保持はキツくなります。

軸は同じっぽいので、バーニアエフェクトをライフルに付けることも一応可能でした。

総評

えっちでした。

冗談は置いといて(冗談ではないっ)、シャープな造形に広い可動範囲、オプションパーツのボリュームとえっちな身体で非常に満足度の高いキットでした。

磐梯山のキットと比べると、武器屋さんちのキットは作るのは大変な傾向がありますが、対象年齢の高さもあって制約が緩いため、特にエッジ部等はかなり違いますね。

このキットも作るのに時間がかかりましたが、かなり満足できる内容かと思いますので、ゲームファンの方も一念発起して作成してみてはいかがでしょうか。

まぁあの伝説のゴジュラスに比べたら簡単なんだろうしね。

-ノンスケール

Copyright© 意識低い系モデリング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.