Figure-rise ノンスケール

Figure-rise Standard 仮面ライダーアギト グランドフォーム レビュー

投稿日:

「Figure-rise Standard」シリーズから新作「仮面ライダーアギト」が発売されました。

今回は、基本フォームのシンプルなグランドフォームでの立体化です。

そういやアギトって仮面ライダー生誕30周年記念作品でしたね・・・あかつき号事件を中心としたミステリチックなストーリー、私は結構好きでした。なにげに平成ライダー最高視聴率保持だそうで。

今回ちょっと手を加えようかな、と思っているので、まずは軽くレビューをば。

スポンサーリンク

キット内容

キット内容。

アギト本体にいつもの使い辛いスタンド、展開クロスホーン、握り手、平手2種とアギトマークエフェクトが付属。

仮面ライダーアギト本体。変身者は居候ニートの津上翔一君。さ、最終回で就職するから・・・

・・・なんか今回のキット、えらいカッコよく見えるんですが。

画像だとなんか白っぽくなってるんですが、エキストラフィニッシュのゴールド部分がマジで劇中のそれに見えます。大半がアンダーゲートなのでゲート跡も目立ちません。

クロスホーン裏とかはどうしようもないですが。

バストアップ。

おでこのマスターズオーブはシールがあります。その他複眼裏や細かい黒がシールとなっています。(シールの画像忘れたZE)

胸部ワイズマンモノリスは薄いスモークのクリアーパーツを被せる構造になっています。

変身ベルト「オルタリング」。

中央は半透明の蛍光イエローのクリアーパーツ。両サイドはワイズマンモノリスと同じ薄スモークのクリアーパーツが使われています。

初登場時ここを思いっきり光らせて歩いているアギト見て笑った記憶があります。(股間がメッチャ光ってる、とか思っていたらしい)

ちょっと短足な感じですが、いやかなりカッコいいぞこのキット。

合わせ目は脇腹と脚部、手足アーマー部にあります。

胴体はともかくアーマーの合わせ目はどうすれば良いのか。

多分最適解は無視だな。

可動範囲

首の可動は並。

肩は水平より若干上まで。

引き出し式ですが、前後可動は苦手っぽいです。

肘は90°ちょい曲がります。

下半身の可動。開脚得意で接地は並。

まぁシリーズ通りの可動範囲です。

スポンサーリンク

付属品

握り手の他、平手が表情違いで2種付属。

一つはこれだな、ベルト横のボタンを押すやつ!

・・・このシリーズフォームチェンジあんま出してくれんよなぁ。ダブルくらいか?

もう一つの平手は、アギトがよくやる構えの手ですね。

デーデデージャジャーンデデデデッデーン デゥデーデデージャジャーンデデデデッデーデーー

シャキン!

シュウウウウウ・・・・

津上「ハッ!」

というわけで、展開したクロスホーンとアギトマークのエフェクトがあるので、ライダーキックを再現できるぞ!ちなみに最初のはBELIEVE YOURSELFの前奏のつもりだ!

クロスホーンは複眼ごと交換という変わった構造です。

足裏にもちゃんとモールドがあります。

総評

以上、「Figure-rise Standard 仮面ライダーアギト」のレビューでした。

若干短足気味かな~とは思いましたが、優れた色分けとかっこよさを両立した好キットだと感じました。顔とかもうまんま劇中って思います。

ゴールドの色合いも素晴らしいです。

この出来なら各種フォームチェンジも欲しいんだけどなぁ・・・特にバーニングが。好きなので。

シリーズの中でも上位の出来かと思いました。オヌヌメです。

目覚めよ、その魂!!

-Figure-rise, ノンスケール

Copyright© 意識低い系モデリング , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.